*

行政書士業務,コロナウイルスの影響を全く受けず

公開日: : 最終更新日:2020/04/22 行政書士

新型コロナウイルスの蔓延で世の中は、大変なことになってきましたね。

仕事がキャンセルになり、生活に大きな影響の出ている人も多いでしょう。

私も、仕事で影響を受けるのではと心配していましたが、結論から言うと、全く影響は出ていません。

行政書士業務は影響を受けないのか?

 行政書士業務は、新型コロナウイルスの影響を受けないのか?

というと、「業務内容による」でしょう。

 とくに、行政書士業務のメインの一つである「入管業務」は、一番、影響を受けているのではないでしょうか。中国人などの外国人の姿をすっかり見なくなりましたしね。

うちの事務所が影響を受けない理由

会う人数が少ない

 影響を受けない理由は、お客さんとの対面が、1対1だったり、少ない人数との対面だからでしょう。

集客方法が大規模セミナーをするとか、そういうものではないのも幸いだったでしょう。

外国人客が少ない

 今の事務所では、外国人のお客さんは皆無です。私の専門分野は、そういうジャンルです。

新型コロナウイルスにより影響を受ける業界ではない

 うちの専門分野のお客さんは、新型コロナウイルスで影響を受ける業界ではありません。

バス会社とか、飲食業とかは、直接的な影響を受けるでしょうけれど、そういうのとは、ちょっと違い、むしろ恩恵を受けているほうかも知れません。

受けた影響

研修が中止になる

 行政書士会や、そのほかで行われる、研修会がどんどん中止になって、延期になっています。参加者が数人とかの研修は、個人の判断で実施されているようですが。

 行政書士会の研修は、100人以上参加するようなものも多いですし、危険ですよね。

行く先々の役所の人がマスクをしている

 役所の人はマスクをしていますが、こちらがマスクを強制されることはないので、つけていません。(自分がちょっとでも風邪っぽいとか、人に感染を広めるリスクがある場合は、つけますが。そもそも、そういう人は外出してはいけないでしょう)

できれば、マスクは毎日つけたいところですが、買えないので仕方がありません。

電車・街中が空いている

 中国人観光客の多い地域なので、以前は、街中や電車でも、よく見かけのですが、コロナ騒動以降、すっかり見かけなくなりました。

移動が快適ですが、これは、経済にとってはよくないですよね。

おまけ:保育所

 うちは、子供を保育所に預けて、仕事に行っていますが、保育所は通常通り、やってくれているので、とても助かっています。

これが小学生だったりしたら大変だったでしょうね・・。

最後に

 お客さんの事業所では、マスクや、消毒用のアルコール等が不足して大変そうです。

お客さんのところも、うちの事務所でも、身近に新型コロナウイルスの感染者が一人でも出たら、仕事ができなくなるので、その点では、大変です。

 行政書士業務は、役所に申請に行ったり(郵送不可のものもあり)、現地確認に行ったり、リモートワークだけではどうにもならない業務も多いですしね。

 今のところは、新型コロナウイルスの影響は全く受けておらず、暇になるどころか、忙しすぎるぐらいなのですが、今後、景気が落ち込んだら、どうなるかは分かりません。

  個人的には、今年初めて、家族で海外旅行に行こうと思っていたのですが、無理そうですね。

 早く封じ込めに成功してほしいと思います。

行政書士業務,コロナウイルスの影響が出てきた4月

行政書士業務はテレワークに向いているか?/新型コロナウイルスで緊急事態宣言

行政書士試験は、限られた時間で効率よく学びたいですよね。オススメは、全額返金保証制度あり!すき間時間で手軽に学べる行政書士講座です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人: りほこ

    これまで単発仕事のアルバイト程度で、就職歴なしのアラフォー主婦が行政書士になりました
    2011年 行政書士試験合格
    2016年 宅地建物取引士試験合格
    2017年 行政書士登録

    行政書士の求人に応募し続けた結果、採用され、現在は、行政書士になりました。建設業許認可・相続・成年後見等、さまざまな経験を積んでいます。
  • 2020年6月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑