*

パスワード変更せずに済む方法(同じパスワードを使い続ける方法)

公開日: : 行政書士

「バスワードの使い回しを招くぐらいならば、定期的なパスワード変更は不要」と言われていますが、強制的にパスワード変更を求められるシステムは多いです。

そんな時に、今のパスワードを使い続けられる方法をご紹介します。、

定期的なパスワード変更には意味がない?

定期的なパスワード変更に意味がないと、数年前に指摘されましたが、本当にそうでしょうか。

国民のための情報セキュリティサイトには、次のようにあります。

パスワードを複数のサービスで使い回さない(定期的な変更は不要

「定期的な変更は不要」と記載されていますが、その理由は、「管理しきれなくなるだろうし、定期的な変更はしなくてもいいから、絶対にパスワードを使い回さないようにしよう」という意味ですね。

そのほかにも、定期的なパスワード変更についての記事があります。

実は危ない、パスワードの定期変更

「パスワードは定期的に変更してはいけない」–米政府

定期的なパスワード変更を求められるもの

行政書士が使うソフトでは、定期的なパスワード変更を求められるものは多い気がします。

たとえば、電子認証や謄本の請求に使う、申請用総合ソフト

このソフトに関しては、事務所内で情報を共有することもあるため、パスワードを変えると面倒です。

もし、申請用総合ソフトのパスワードを盗まれたとしても、重要なものには、電子署名が必要になるし、謄本請求の際の金銭の支払いは、銀行のサイトに遷移するので、最悪、申請用総合ソフトのパスワードを盗まれたからと言って、金銭的な被害が出るわけではありません。

(パスワードが盗まれて、勝手に変更されて、一時的に使えなくなって、期限までに電子認証ができなくて焦る・・ということはあるかもしれませんが、メリットもないのに、そんな、いたずらのようなことをする人はいませんよね。)

個人的には、このソフトで、年に一度パスワード変更する必要があるとは思えないのです。

そこで、私が使っているいい方法をお知らせします。

今のパスワードを続けて使う方法

パスワードを変えずに済む方法。というよりは、今使っているパスワードを続けて使う方法。

それは「パスワードを二回変える」ことです。

いつものパスワードが gyosei#123ならば、

 gyosei#123

 ↓

 gyosei#1234 

  ↓

  gyosei#123   

二回変更するだけです。

そのソフトやサイトが、「過去に使ったパスワードは使用不可」という仕様でない限り、大丈夫なはずです。

定期的なパスワード変更にそれほど意味がないとわかった以上、この方法が一番オススメです。

銀行のパスワードなど、直接、金銭被害につながりかねないようなものは、用心のためにも、定期的にパスワード変更したらいいと思いますけどね。

最後に

こんなにも簡単な方法ですが、意外と使っていない人や、思いつかない人も多いようなので、ご紹介しました。

知り合いの行政書士に教えたら「それは画期的だ」と言われ、それほどのことかなぁ、と思いました。

人の入れ替わりが激しい事務所は、用心のためにも、まめなパスワード変更は意味があると思いますが、複数人で共有すべきパスワードで、変更により混乱をきたしたら困る場合は、この方法がオススメです。

行政書士試験は、限られた時間で効率よく学びたいですよね。オススメは、全額返金保証制度あり!すき間時間で手軽に学べる行政書士講座です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人: りほこ

    単発のアルバイト程度での経験だけで、就職歴なしのアラフォー主婦が行政書士になりました

    2011年 行政書士試験合格
    2016年 宅地建物取引士試験合格
    2016年 行政書士事務所に就職して、建設業・産廃等の許認可、相続、成年後見等の実務経験を積む 2017年 行政書士登録
    2019年 知り合いの行政書士と共同事務所開設。

    行政書士の求人に応募し続けて採用されるまでの経緯や、その後のことなどを書いています。
  • 2020年12月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑