*

行政書士試験を受けることにしたきっかけ〜合格まで

公開日: : 最終更新日:2016/10/19 行政書士への転職活動

アラフォー主婦りほこは、2011年に行政書士試験に合格しました。

Sponsored Link

勉強しようと思ったきっかけ

20代半ばで結婚し、専業主婦時代が長かった私。夫は何も言わなかったし、私は全く働く気はありませんでした。

そんな時に、叔母から「今のうちに何か資格をとりなさい」と言われました。「今のうちに何かしないと、40歳になったら、何もできないただのおばさんになってしまう」と言われたのです。

確かにその通りでした。

仕事でもしていれば良かったですが、子供も長いこと居なかったので、たまに単発のアルバイトをして、毎日、遊んで暮らしているようなものだったのです。

行政書士って何?

「短期間で簡単にとれるもの取っても仕方ない。ファイナンシャルプランナーとか、たくさんの人が取ってるものじゃなくて、ちょっと難しいものにしなさい」と叔母は言いました。

とりあえず、どんな資格があるか調べてみました。

司法書士は難易度が高過ぎそうだから断念。司法書士より簡単で、1〜2年ぐらいで合格できるとなると、候補になったのは行政書士と、社会保険労務士でした。

どちらも何をする仕事なのか、当時はさっぱり分かりませんでした。分からないなりに、「独立できる」という響きに誘われ、行政書士にしました。

(今考えたら、行政書士の独立開業なんて簡単なものではないのですが)

私は大学は、文学部で、法律の勉強は全くしたことがありません。それでも、申し込みに行くことにしました。

 

資格学校へ

当時、近所にあった、大栄経理学院というところで申し込み。17万円ぐらいでした。

テキストをもらって、授業の動画を、教室で見るというシステム。

子供の居ない専業主婦の私は、時間だけはたっぷりあるので、毎日のように教室に通いました。

ただ、夫には内緒。夫は妻が自分より賢くなろうとしたら、嫌がるタイプだからです。(古風過ぎますね。その代わり、専業主婦をやらせてはくれるのです)

腕試し受験

資格学校には6月に申し込み完了。試験は11月だというので、最初の年は間に合わないなと思いました。

ただ、ヒマだった私は、そこそこ勉強が追いついて、とりあえず、資格学校の勧めもあり、試しに受けてみることにしました。

結果、当然、合格はできなかったのですが、そこそこの点数がとれたので、「これなら翌年合格は余裕だな」と思いました。

合格へ

翌年、資格学校では、追加で「重要論点特集」みたいな講座はいくつもありましたが、それらは一切受けませんでした。基本がしっかり出来たらいいと思ったからです。追加料金もイヤでしたしね。

時事ニュースに弱いので、新聞だけは気をつけて見ていました。

そして、200点オーバーで合格できました。

 

今回、ざっと流れを説明しましたが、勉強法や、それまでの過程については、また後日、ご紹介したいと思います。

行政書士の就職活動もしたので、その情報もご紹介できたらと思います。



行政書士受験を考えている方に私がオススメしているのはこの 行政書士講座です。 短い期間で、効率よく勉強したいですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人: りほこ

    これまで単発仕事のアルバイト程度で、就職歴なしのアラフォー主婦が行政書士になりました
    2011年 行政書士試験合格
    2016年 宅地建物取引士試験合格
    2017年 行政書士登録

    行政書士の求人に応募し続けた結果、採用され、現在は、行政書士になりました。建設業許認可・相続・成年後見等、さまざまな経験を積んでいます。
  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑