*

行政書士の応募先の探し方と、行政書士らしからぬ業務

公開日: : 最終更新日:2018/12/30 行政書士への転職活動

行政書士求人に応募し続ける主婦りほこ。

行政書士の求人はあまりないので、とりあえず、行政書士法人で、応募できるものは、全部応募することにしました。

Sponsored Link
行政書士の求人情報の見つけ方

「行政書士 求人」と地名で検索しました。

行政書士実務研修センターのHPもチェックしました。

ハローワークの情報が出てきても、その事務所のHPで募集していたら、ハローワークの紹介状なしに応募しました。が、ハローワーク経由のほうが、ほかの人の応募状況なども聞けるから良かったかも知れません。

たくさんの転職サイトにも登録しました。中には、非公開求人のものもあって、行政書士の資格登録をしている人にだけ、メールで声をかけてくれる案件もありました。転職サイトには登録しておくべきです。

私が行政書士求人の情報をたくさん見つけられたなと感じるのは、indeedです。

応募の際の注意

私は、幸い、書類で落ちることはほとんどありませんでした。アラフォーで、アルバイト程度の経験しかなく、職歴がほとんどなくてもです。

ある会社で、なぜ面接してもらえたのかと尋ねた時に、こう言われました。

「添え状を添えるとか、当たり前のことができていない人も居る。そういうのから教えないといけないの?と思う。

履歴書の写真も、スーツじゃなくて私服だったり、使い回したような状態だったりする人も居る。履歴書の写真はスーツでしょ?って思う。

とりあえず、書類がきちんと整っていたら、会ってみている」

とのことでした。

そんな最低限のマナーもできていないのは論外だと思いますが、とくに行政書士は、書類作成をする仕事でもあるので、書類の不備は絶対ダメです。

「履歴書と職務経歴書」を送る時には、ちゃんと添え状はつけてくださいね。

相続は行政書士らしからぬ業務

行政書士というと許認可や書類作成の事務作業の多いイメージがあるかも知れません。

応募して知ったのですが「行政書士の求人」であっても、仕事内容が、そのような行政書士とはちょっと違うものがあります。それは相続関係です。

私は、相続や任意後見などの仕事をしている行政書士法人を3社受けました。

どこも共通して求められることは「コミュニケーション能力」でした。学歴や知識ではありません。

もちろん、知識もあるに越したことはありませんが、何はなくとも、コミュニケーション能力が必要と言われました。

どこでも言われたのは「皆がイメージしているような行政書士の仕事と、うちの仕事の中身は違うと思う。どちらかというと営業みたいな感じ」です。

相続や任意後見などの終活を考えている人たちのところに行って、話を聞き、仕事をとってくるのが大事なのです。事務所に居るより、あっちこっちに移動して、人の家に居ることのほうが多いと言われました。

面白いことに、どこの事務所も言うことが同じでした。

私は、人に会った時、悪い印象を抱かれることはほとんどありません。むしろ印象はいいと言われます。

ただ、ガツガツというか、うまいこと言って、契約をとるような感じの積極性はないので、やる気が見せきれず、どこの面接もダメでした。長年、専業主婦というぬるま湯に浸かっていましたからね…。

自分のしたい仕事内容を考える

行政書士の業務の範囲は広いので、応募する際は、行政書士という肩書きがつけばどんな内容の仕事でもいいのか、いわゆる行政書士らしい仕事をしたいのか、など、よく考えて、応募先を選ばなくてはいけませんね。



行政書士受験を考えている方に私がオススメしているのはこの 行政書士講座です。 短い期間で、効率よく勉強したいですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人: りほこ

    これまで単発仕事のアルバイト程度で、就職歴なしのアラフォー主婦が行政書士になりました
    2011年 行政書士試験合格
    2016年 宅地建物取引士試験合格
    2017年 行政書士登録

    行政書士の求人に応募し続けた結果、採用され、現在は、行政書士になりました。建設業許認可・相続・成年後見等、さまざまな経験を積んでいます。
  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑